芥川賞と村田様について感じたことです。

芥川賞を受賞した村田さんのコンビニエンスストア性格、たちまち本屋で見つけて読みました。自分自身が健康でバイトインナーとの結果親しみがあり興味があったからだ。定型、文献をよむときはキャラは架空の面構えを意識でイメージするじゃないですか。でもこういう正式は村田さんのスタイルをイメージしてしまうね。たぶん、8割がたいざ自分が経験した地なんでしょうね。だから作中にブレイクタイムに同僚のポーチのインナーをのぞいたとかありますが、へー、そんなことしたんだって思ってしまうね。そんな意味ではなかば、ノンフィクションを読んでいる先入観ですね、今回のこういう正式は。こういう主人公もおよそ彼氏のスポットが随分入っているのではないでしょうか。浮いたyesにならないように人のスタイルかたち、話し方などを真似して見るという職場なんかは。でも直木賞とかって、ところてんランキングに受賞行える感じですよね。数回、過去にノミネートされたら次はわたし見たな感じで。そうでなく、ライターを隠して選者の人たちには審査してもらいたいですね。そうでないと不法ですよ。http://www.entquick.net/