芥川賞と村田様について感じたことです。

芥川賞を受賞した村田さんのコンビニエンスストア性格、たちまち本屋で見つけて読みました。自分自身が健康でバイトインナーとの結果親しみがあり興味があったからだ。定型、文献をよむときはキャラは架空の面構えを意識でイメージするじゃないですか。でもこういう正式は村田さんのスタイルをイメージしてしまうね。たぶん、8割がたいざ自分が経験した地なんでしょうね。だから作中にブレイクタイムに同僚のポーチのインナーをのぞいたとかありますが、へー、そんなことしたんだって思ってしまうね。そんな意味ではなかば、ノンフィクションを読んでいる先入観ですね、今回のこういう正式は。こういう主人公もおよそ彼氏のスポットが随分入っているのではないでしょうか。浮いたyesにならないように人のスタイルかたち、話し方などを真似して見るという職場なんかは。でも直木賞とかって、ところてんランキングに受賞行える感じですよね。数回、過去にノミネートされたら次はわたし見たな感じで。そうでなく、ライターを隠して選者の人たちには審査してもらいたいですね。そうでないと不法ですよ。http://www.entquick.net/

3世代のご飯作りを簡単にするメニューを考案

我が家は、8ヶ月の赤ちゃんから80歳のおばあちゃんまで家族6人で暮らしています。
年齢ごとに食べ物の好みが違うので、ご飯の支度は時間がかかって困ってしまいます。
赤ちゃんには柔らかくて小さくてかなり薄味のものを、おばあちゃんにも同じように柔らかくて小さくてでも少し濃いめのもの、主人や子供たちにはがつんとくるような濃いめのものを作らなければなりません。
この面倒な食事作りを解決してくれるのがハヤシライスです。
まず玉ねぎ、にんじん、じゃがいもをフードプロセッサーにかけ細かく切ります。
そして、ミンチ肉と一緒に先程の野菜をフライパンで炒めます。
規定の量の水よりも少し多めの量の水を入れぐつぐつ煮込みますが、その際に和風の味付けにします。
野菜やお肉が柔らかくなると、味が薄いうちに赤ちゃんの分のご飯をとりわけます。
少し煮込んで具材に和風の味がついたら、おばあちゃんの分のご飯をとりわけます。おばあちゃんに取り分けた具材は、卵で閉じて丼にします。
そして鍋にはルーを入れて、ハヤシライスが完成です。
ハヤシライスにすると3世代分の夕飯が楽に作れるので、1ヵ月に3回は登場するメニューです。マカMIU マカナ